意外と知らない「珪藻土マットが吸水しない」原因とお手入れ方法

※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

「珪藻土マットが吸水しなくなった」と感じることはありませんか?この記事では、その原因と解決方法について詳しく解説しています。

おすすめのお手入れグッズや珪藻土マット商品も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

珪藻土バスマットのイメージ画像

珪藻土マットが吸水しない原因を今すぐ知りたい方はこちらをクリック

おすすめのお手入れグッズからチェックしたい方はこちらをクリック

おすすめの珪藻土マットからチェックしたい方はこちらをクリック

珪藻土マットってそもそも何?

珪藻土マットは、その高い吸水性や調湿性能から近年、浴室やキッチン、リビングなど様々な場所で使用が増えてきたおすすめアイテムです。どんな特性があって、どういう用途で使用されるのか、まずは珪藻土マットについて詳しく解説します。

珪藻土とは

珪藻土の原材料は「珪藻」という微小な水生植物です。 その珪藻の硬い殻が、長い年月を経て化石化し、これが層をなして堆積してできたのが珪藻土です。

珪藻土マットの特徴

高い吸水性

珪藻土マットの一番の特徴は、水分を吸収し、同時に放出する能力です。これにより、水滴や湿気をすぐに吸い取り、表面を乾燥させることができます。

調湿性

珪藻土は湿気を吸収し、必要に応じて放出する能力も持っています。そのため、使用する場所の湿度を適切に保つために役立ちます。

天然素材

珪藻土は天然の素材であるため、環境に優しく、アレルギーの心配も少ないとされています。

珪藻土マットの用途

珪藻土マットは、その優れた吸水性や調湿性から生活の様々なシーンで使用されます。以下は、珪藻土マットの主な用途をいくつか挙げたものです。

バスマット

珪藻土の高い吸水性を相談して、浴室の床に置かれるマットとして一般的です。水滴や湿気を素早く吸収し、一応乾燥するため、足元をすぐに乾かせます。

キッチンマット

調理中や食器を洗った後の水滴を吸収し、キッチンを清潔に保つためのマットとして利用されます。

ペットマット

ペットが飲んだ後の水滴や、ウェットフードの周囲の水滴を吸収する用途で使用されることがあります。

玄関マット

雨の日など、外から帰ってきた際の靴の水滴や湿気を吸収し、室内を清潔に保つためのマットとしても使われます。

トイレマット

トイレの足元に置き、水はねや湿気を吸収する目的で使用されます。

コースター

コップやグラスに付いた水滴やこぼれたドリンクの水滴を吸収するための小さなコースターとしても使用されます。

珪藻土マットは、これらの用途だけでなく、その高い吸水性や調湿性、さらに天然素材としての環境への優しさから、様々なシーンでの利用が広がっています。

珪藻土マットが吸水しない原因と解決方法

珪藻土マットが水分を吸収しない原因には様々な要因が考えられます。あなたが使用している珪藻土マットはどの要因に当てはまるのか、チェックしてみてください。

使用・保存状況による問題

使用・保存状況は、マットの性能を維持する上で意外と影響力が大きく、正しい知識とアプローチがその寿命を大きく左右します。

乾燥が不十分

珪藻土マットは水分を吸収する性質がありますが、その後の乾燥が不十分だと、カビが生え吸水性が低下する恐れがあるため、マットを使用した後は、日光の当たる場所や風通しの良い場所でしっかりと乾燥させましょう。目安として、1週間に1度晴れている日に陰干しで1時間程度乾燥させればOKです。

ここで注意しておきたいのが、紫外線が強い場所での長期保管は、逆にマットの色褪せや劣化を引き起こす可能性があるということ。過度な乾燥には気を付けるようにしましょう。

汚れや皮脂の残留

表面に油や汚れが付着すると、珪藻土の細孔部分に皮脂や汚れなどが詰まり、それが吸水性を低下させることになります。定期的にマットの表面を水で軽く洗浄し、しっかりと乾燥させれば吸水性を回復させることができます。汚れが落ちにくく、もし洗剤を使用する場合は、洗剤が残らないよう丁寧に洗い流すことを心がけてください。

高湿度環境での使用・保管

保管している環境が高湿度であると、マットが乾燥しづらく、吸水性を低下させる恐れがあります。浴室や洗面所などの湿度が高い場所での長期保管はなるべく避けるようにしましょう。前述したように1週間に1度の陰干しを心がけてください。

経年劣化による問題

繰り返し使用していると珪藻土の細孔が詰まってしまい、水分を吸収する能力が低下してしまいます。使用後はしっかりと乾燥させ、吸水性が保たれるよう心がけてください。

経年劣化は、どのような素材であっても避けられない現象です。 ただし、適切なケアとメンテナンスにより、珪藻土マットの持つ高い吸水性を長く保つことができます

製造過程・品質における問題

珪藻土マットは、原材料の品質、添加物の使用量など、製造の各段階での細かい違いが製品の性能に大きく影響する可能性があります。

原材料の品質(珪藻土の純度)

高品質な珪藻土マットは、高純度の珪藻土のみを使用しています。この純度が低い製品は当然ながらマットの吸収性も高純度の製品に比べ低下するとされています。

製造工程の短縮

製造工程での乾燥時間が不足すると、珪藻土の吸収性が十分に発揮されないことがあるため、品質の低下に繋がる可能性があります。

添加物の使用

形状や色などデザイン性を良くするために、バインダーや着色剤が添加されることがあります。しかし、 これらの添加物が多すぎると、珪藻土の吸水力に影響を与える可能性があります。

加熱温度の管理

珪藻土マットの製造過程の一つに、一定の温度で焼き固められる工程があります。この加熱温度が適切でない場合、マットの構造が破壊されて吸収力が低下することがあるため、焼成されたマットはその特性を損なう可能性が高まります。

「紙やすり」を使って吸水力を取り戻す方法

上記したような日々のお手入れでも吸水力が戻らない場合は、紙やすりを使い半ば強制的に吸水性を回復させる方法もあります。

珪藻土マットの吸水力の低下は、表面についた皮脂や油、ホコリなどの汚れが主な原因です。この表面の汚れを紙やすりを使って削り落とすことにより、珪藻土マットの吸水力が復活する可能性があります。

紙やすりを使ったお手入れの詳しい方法は、こちらの動画をチェックしてみてください↓↓↓

youtu.be

珪藻土マットが吸水しない時のお手入れにおすすめの紙やすり

珪藻土マットのお手入れには、中細目の紙やすりがおすすめです。粗すぎるものはマットの表面を削りすぎてしまう恐れがあるため、避けるようにしましょう。

※特に#240~#400の紙やすりがおすすめです。

サンドペーパーの表面には研磨するためのザラザラしたツブ(砥粒)がついています。その砥粒の目の粗さ(粒度)を「番手」と呼び、「#○○」という風に表記します。
番手は、1インチ平方内に研磨材(砥粒)がどれだけついているかを表します。
#40~2000まであり、数字が小さいほど粒度が粗く、大きいほど粒度が細かくなります。

引用元:https://www.diyfactory.jp/studiy/note/handtool004/

\\おすすめの紙やすりはこちら//

ミスターポストマン楽天市場支店
¥989 (2023/11/24 21:29時点 | 楽天市場調べ)

珪藻土マットの寿命と買い替え時

珪藻土マットの寿命は使用方法やメンテナンスによって変化しますが、基本的には2~3年が目安となります。

以下のいずれかが当てはまる場合は、寿命のサインとなるので買い替えを検討したほうがよいでしょう。

  • 表面のひび割れ
  • 吸水力の低下(お手入れしてもダメな場合)
  • 変色してきた

珪藻土マットの買い替え時(寿命)についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

【タイプ別】おすすめの珪藻土バスマット3選

デザイン性を重視したい方におすすめのバスマット

デザイン性に優れた2023年最新型の珪藻土バスマット。カラーは、グレー・コーヒー・ブルーの3色を用意。浴室のインテリアの一部としても人気の商品です。

価格1,666円~2,880円(税込)※2023年11月24日時点
サイズ①40cm×60cm ②40cm×80cm
カラーグレー、コーヒー、ブルー

コストを重視したい方におすすめのバスマット

コンパクトサイズでありながらも十分な吸水性を持つ商品です。ソフトタイプなので、肌触りも良く、お好みのサイズ・形にカットすることもできます。

「安かろう悪かろう」を良い意味で裏切ってくれるコスパ良しの商品となっています。

価格1,439円~3,119円(税込)※2023年9月1日時点
サイズ①40×30×0.4cm ②40×30×0.5cm ③60×39×0.4cm ④60×39×0.5cm
カラーホワイト、ダークグレー、ダークブルー…など全21種類

安心を重視したい方におすすめのバスマット

Amazonでの評価数がダントツで多い商品です。その数、5,000件以上。平均評価も4.2以上と人気の商品です。カラーバリエーションも豊富で、サイズもS・M・Lの3パターン用意されています。多くの方から高い評価を得ているため、信頼度の高い商品と言えるでしょう。

価格2,099円~2,688円(税込)※2023年11月24日時点
サイズS:40×30cm M:45×35cm L:60×39cm ※Lサイズは2023年8月13日時点在庫切れとなっています。
カラーグレー、サーモンピンク、ブルー…など全15種類

珪藻土マット選びの注意点①「アスベスト問題」

珪藻土マットは、高い吸水性や安全性から多くの家庭で利用されています。 ただし、一部の製品には、、健康上のリスクが指摘される「アスベスト」が含まれている可能性があるので注意が必要です。

アスベストとは

アスベストは天然に産出される鉱物繊維の概略であり、その耐火性や絶縁性から古くは建築材料や各種産業製品に利用されてきました。その傍ら、発がんリスクがあることからその問題性が注目されました。

珪藻土とアスベストの関係

珪藻土は、数千万年前の海底や湖底に生息していた珪藻の殻が堆積し、化石化したものです。そのため、一部の珪藻土製品にアスベストが混入するリスクが考えられます。

アスベストを含んだ珪藻土マットから出る微細なアスベストの粉塵を繰り返し吸入してしまうと、石綿肺(アスベスト症)や肺がん、胸膜中皮腫などの疾患のリスクがあります。

安全な珪藻土マットの選び方

アスベストを含まない珪藻土マットを選ぶためには、以下の点に注意しましょう。

信頼性のあるメーカーやブランドを選ぶ

信頼性のあるメーカーは、アベスト混入のリスクを軽減するための品質検査を実施しています。

「アスベストフリー」と信頼された製品を選ぶ

アスベストを含まないことを保証する製品は安心して利用できるでしょう。

アベスト問題は、珪藻土マット選びの際に重要な点となります。健康を守るためにも、製品の選択や取り扱いには十分な注意が必要です。

珪藻土マット選びの注意点②「耐荷重と重量」

耐荷重の確認

珪藻土バスマットは、、耐荷重以上の重さがかかると割れる可能性があります。一般的に耐荷重は130kgが標準ですが、体重が重い方や親子で一緒に使用する場合などは、、200kg以上耐えられるものを選ぶと安心です

重量の確認

珪藻土バスマットの重量は、吸水力に直結します。、重いものほど珪藻土が多く含まれ、吸水力が優れています。平均的な重さは1~2kg程度で、、40×30cmのサイズであれば1kg、60×40cmであれば1.8kgほどが目安です

吸水しなくなった珪藻土マットは再利用できる

消臭剤として再利用

珪藻土は、吸水性が非常に高いだけでなく、消臭効果もあるため、消臭剤として再利用することができます。

再利用方法の手順は以下の通りです。

  1. 汚れやカビがないようにマットをよく洗い、完全に乾燥させます。
  2. 必要に応じてマットを適切なサイズにカットします。
  3. 靴箱、冷蔵庫、トイレなど臭いが気になる場所に置きます。

スティック状にカットしても良いですし、ハンマー等である程度細かく砕いた珪藻土を袋状の布に包んで使用するのもおすすめです。

古くなった珪藻土マットを無駄にせず再利用できますし、化学物質を使わない自然な消臭ができるのもおすすめポイントです。
ただし、劣化が激しい場合は、効果が薄れる可能性があるのでご注意ください。

乾燥剤として再利用

お風呂上りの水滴やコップについた水滴など、目に見える水分は吸水しづらくなったとしても、湿気など空気中の目に見えない水分なら珪藻土の吸水力をまだ活かせることも多いため、乾燥剤として再利用するのもおすすめ。

消臭剤の時と同様、お好みのサイズにカットし布袋やガーゼなどに包んで、洗濯物の近くや下駄箱など、湿気を取り除きたい場所に置くだけでOKです。

今回紹介した再利用方法は、家庭で手軽に試せるので、珪藻土マットが古くなったらぜひ試してみてください。

※再利用ではなく、処分する際は正しい捨て方を確認した上で廃棄しましょう。

珪藻土マットの捨て方について詳しく知りたい方はこちらをクリック

 
タイトルとURLをコピーしました