【ホリエモンおすすめ本】中森明夫『TRY48』を読んだ感想とおもしろさを5分で紹介!

※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

TRY48の表紙

皆さん、こんにちは!今日は、ちょっと変わった本をご紹介します。その名も『TRY48』。この本、なんとホリエモンこと堀江貴文さんがYouTubeで「これは面白い!」と大絶賛している知る人ぞ知る名書なんです。彼が選ぶ本はいつも何かしらの「ひねり」があって、読むと「へぇ〜」となることが多いんですよね。

『TRY48』はこんな人におすすめ!
  • アイドルの裏側に興味がある人
  • クリエイティブなインスピレーションを求める人
  • 思考の枠を広げたい知的好奇心旺盛な人
  • ホリエモンが好きな人

今回の『TRY48』は、中森明夫さんという作家が書いた作品なんですが、この中森さん、実はアイドル評論家としても有名な方なんです。『TRY48』はただの物語じゃありません。なんと、80代の寺山修司がアイドルグループをプロデュースするという、ちょっと変わった設定なんです。

※寺山修司…日本の多才な劇作家、詩人、映画監督。前衛的な作品で知られ、独自の世界観を持つ。

「え、どういうこと?」と思いますよね。私も最初はそう思いました。でも、ホリエモンが推薦するくらいですから、くだらない本ではないはずと思って、手に取ってみました。

一体どんな世界が広がっているのか、実際に読んで感じたことや内容について、簡単に紹介していきます。

ホリエモンチャンネルでの紹介動画はこちら

『TRY48』とは?

さて、『TRY48』の世界に飛び込む前に、この本がどんなものか、ちょっとだけご紹介します。

まず、タイトルの「TRY48」。これ、一体何を意味しているのかな?と思いますよね。実はこれ、80代になった寺山修司がアイドルグループを作るという、ちょっと信じられない設定の物語なんです。そう、あの有名な劇作家・寺山修司が現代にタイムスリップして、アイドルの世界に挑戦するわけです。

この物語の中で、寺山修司はただのプロデューサーではありません。彼が作るのは、ただのアイドルグループではなく、何か特別なもの。そのグループの名前が「TRY48」。某アイドルグループが連想されますが、そんな単純な話ではないのでご安心を(笑)。

物語の中には、まず応募してくる女子高生たちが登場します。彼女たちは、普通のアイドルグループとは一味違う、寺山修司流のアイドルグループに次第に魅了されていきます。この物語は、ただのアイドル物語ではなく、現代のサブカルチャーとアイドル文化の融合を描いているんです。

「アイドルとサブカル、どう組み合わせるの?」と思うかもしれませんが、それが中森明夫さんの魅力。彼の筆致は、読者をいつも予想外の世界へと誘います。

『TRY48』は、ただのエンターテイメントを超えた、新しい形の物語。ホリエモンが推薦するだけあって、読むとあなたにとっても新しい発見があるはずです。では、この物語の魅力をもう少しだけ掘り下げていきましょう。

¥2,200 (2023/12/07 00:43時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

物語の魅力: 現代アングラとサブカルの融合

『TRY48』の最大の魅力は、なんといっても現代のアングラ文化とサブカルチャーが見事に融合している点です。この物語は、ただのアイドル物語では終わらないんです。

まず、寺山修司という実在の劇作家を主人公に据えること自体が斬新。彼は、実際にはもうこの世にいない人物ですが、この物語の中では現代に生きていて、アイドルグループ「TRY48」をプロデュースします。寺山修司を知らないという人はなかなか想像しづらいと思いますが、80代の寺山修司がアイドルの世界に飛び込むこと自体が異様なわけです(笑)。

そして、この物語の中で描かれるアイドルグループは、ただかわいいだけではありません。彼女たちは、寺山修司の独特な世界観に影響を受け、従来のアイドル像を超えた何かを追求していきます。これは、現代のアイドル文化に新しい風を吹き込む試みとも言えるでしょう。

さらに、物語はアングラ文化やサブカルチャーの要素を取り入れながら、読者に新しい視点を提供します。これは、ただの物語を超えた、文化的な洞察を楽しむことができるんです。

『TRY48』を読むと、現代のアイドル文化やサブカルチャーに対する新しい理解が深まります。中森明夫さんの筆致は、読者を予想外の世界へと誘い、新しい発見を提供してくれるんです。

この小説から学べること

『TRY48』を読むと、ただ面白いだけでなく、私たちが日常では気づかないようなことに思いを馳せる機会を得られます。では、このユニークな小説から私たちが学べることは何でしょうか?

現代文化への新しい視点

まず、この物語は現代のアイドル文化とサブカルチャーを独特の視点で捉えています。普段私たちが目にするアイドルの世界とは一線を画す、寺山修司の視点から見たアイドル像。これは、現代文化に対する新しい理解を深めるきっかけになります。

エンターテイメントとしての深み

また、『TRY48』はエンターテイメント作品としての深みも持っています。ただ楽しいだけでなく、読み進めるうちに思わず考え込んでしまうような深いテーマが隠されているんです。これは、中森明夫さんの巧みな物語構成とキャラクター描写によるもの。読者を引き込む力があります。

自分自身の価値観を見つめ直す

さらに、この物語を通じて、私たちは自分自身の価値観を見つめ直す機会を得ることができます。アイドルという枠にとらわれず、自分たちの道を切り開くキャラクターたち。彼女たちの姿勢は、私たちにも大切なメッセージを投げかけています。

『TRY48』は、ただの物語ではなく、私たちの日常に新たな視点をもたらす一冊です。

『TRY48』がおすすめな理由

さて、ここまで『TRY48』の魅力についてお話ししてきましたが、なぜこの本がおすすめなのか、その理由をもう少し詳しくお伝えします。

ホリエモンの推薦ポイント再考

まず、ホリエモンが推薦するという点。彼はただ面白いと思った本を推薦するだけでなく、読者に新しい視点や発見を提供する本を選びます。『TRY48』は、その点で間違いなくホリエモンの基準をクリアしています。それはこの本が、ただのアイドル物語ではなく、現代文化に対する深い洞察が詰まっているからです。

他の作品との比較

『TRY48』は、他のアイドル物語やサブカルチャー関連の作品と比較しても、そのユニークさで際立っています。寺山修司という実在の人物を現代に生かし、彼がアイドルグループをプロデュースするという設定は、他では見られないオリジナリティでしょう。この斬新なアプローチは、我々読書に新たな楽しみ方を与えてくれたといっても過言ではありません。

読後の満足感

そして、この物語を読み終えた後の満足感。『TRY48』は、読み進めるほどにその世界に引き込まれ、最後には「こんな物語が読みたかった!」と思わせる力を持っています。物語の深み、キャラクターの魅力、文化的な洞察、すべてが絶妙に組み合わさっているわけなんです。

『TRY48』は、ただのエンターテイメントを超えた、読者に新しい体験を提供する一冊となっています。

最後に…

『TRY48』を手に入れたら、まずはゆっくりと時間を取って読んでみてください。この本は、ただ読むだけでなく、物語の背景やキャラクターの心情に思いを馳せることで、より深い楽しみが得られます。また、読み終わった後は、友人やSNSで感想を共有するのもおすすめです。他の人の視点からこの物語を見ることで、新たな発見があるかもしれません。

『TRY48』は、Amazonや楽天市場でも購入できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

¥2,200 (2023/12/06 23:43時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました